協働コミュニケーション思考理解提案表現
CollaborationCommunicationThinkingUnderstandingProposalArticulating
オンライン(Zoom)
Online (Zoom)

5min Research Communication Lunch(日本語・オンライン実施)

5min Research Communication Lunch(日本語・オンライン実施)

講義番号
Lecture Number
DEC_Lunch_2020_07_01
更新日
Update date
2020.06.15
公開日
Release date
2020.06.12
ランチタイムを有効活用して、異なる領域の大学院生の研究について触れ、視野を広げてみませんか?
また、専門分野外の人に、短時間でわかりやすく、興味をもってもらえるように話すためのコツも学びましょう。
今回はZoomで実施します。参加登録をされた方には、参加方法をお知らせします。

Come and join us in a friendly environment to listen to jargon-free five-minute talks by Nagoya University's best young researchers.
This is a great opportunity to meet new people from other graduate schools and to practice explaining complex topics to the general public.
We will use Zoom for this event and inform those who have registered how to participate.
題目
Title
5min Research Communication Lunch(日本語実施)

5min Research Communication Lunch(in Japanese)

実施形態
SeminarForm
イベント

Events

開催日
Date
2020年07月01日
時間
Time
12:15〜13:15
講義室
Venue
オンライン(Zoom)

Online (Zoom)

対象者
Eligibility
名古屋大学全大学院生

All graduate students at Nagoya University

参加費
Fee
無料

Free

言語
Language
日本語

Japanese

備考
Remarks
6月29日までに事前参加申し込みが必要です。下記から参加申し込みをしてください。申込をされた方には、zoomからの自動返信にて参加方法をお知らせします。

Registration by 29th June is required. Please apply for participation from the following form.
We will inform those who have registered how to participate as automatic reply from zoom.

主催
Host
博士課程教育推進機構

Doctoral Education Consortium

問い合わせ先
Contact
nu-hakase@adm.nagoya-u.ac.jp (博士課程教育推進機構)

nu-hakase@adm.nagoya-u.ac.jp (Doctoral Education Consortium)

内容

Additional information

〇参加申し込みはこちらから〇
●申し込み締め切り:6/29(月) 17:00
参加登録をされた方には、zoomからの自動返信にて参加方法をお知らせします。

●発表内容
発表者:高橋麻奈(男女共同参画センター 特任助教)
発表タイトル:男性セックスワーカーの人権保障にまつわる「法の抜け穴」
発表内容:
「男性セックスワーカー」たちは、なぜその仕事に就き、どのような生活を送っているのか。彼らは労働者として、また一人の人間として、どのように人権が保障され、守られているのか。彼らをとりまく社会的スティグマと、日本国内における法的課題について、法社会学的に分析・考察している研究をご紹介いたします。
※この研究は、シンガポール国立大学主催「Workshop on Stigmatization, Identities and the Law: Asian and Comparative Perspectives」にて、2020年6月に発表予定です

ーーーーー

発表者:藤瀬光香 (理学研究科 博士後期課程3年)
発表タイトル:電子の姿は見えるのか?:フェムト秒レーザーが照らすスポットライト
発表内容:
人間の目では,分子や電子の姿かたちを直接見ることができません。しかし近年,超短強レーザーパルスという光で分子にスポットライトを当てると,分子や電子の様子を直接観測できることが分かってきました。今回の発表では,この手法を応用し,分子内に存在する電子の姿をさらに3次元で見るために行っている新たな手法開発についてご紹介します。